魅せる資料で仕事力アップ!パワポ師ほりの資料作成術ブログ

資料作成術を学ぶことで考え方が変わった。仕事のやり方も変わった。そしたら周りからの評価が上った!そんなパワポ大好きな口下手「パワポ師」が実践している資料作成の考え方やパワーポイントの使い方・テクニックをお伝えします。

「資料を説明してしまうプレゼン」をやめるたった一つの事

 

資料を説明しているプレゼンテーション

 

  • 資料・モニターをずっとみて発表している。
  • 資料に書かれた内容を一言一句読み上げている。

 

こんなことしていませんか?

これ、「資料を説明している状態」です。

プレゼンを行う目的は何でしょうか?


「資料を説明する事」ではないはずです。

 

  • 頑張って作った資料を見てほしい。
  • 緊張して前が見れないから資料を見てしまう。
  • 内容を覚えてないから資料の読み上げをしてしまう。

 

全部、「自分の問題」なのです。

聞いてくれている人に対しての配慮が一切ありません。


構成のアドバイスをするときに、「相手目線でプレゼンを」とよく言います。

 

pawaponist.hatenablog.com

 

構成だけでなく、姿勢からも「相手目線を考えているか」が伝わります。


「資料を説明」するのではなく、「資料で提案を説明」するように心がけてください。


その時のたった一つのポイントは

「自分の言葉で話す」

その為には提案する内容を良く知ることも、練習することも大事です。
コツは、自分の家族や友人に語りかけるような話し方を意識してみてください。


読み上げを聞かされて、聞き手はどう感じるのか。


もう一度、自分のプレゼンを振り返って少しずつ直してみましょう。

必ず成果はでるはずです。

 

とかいう私も、資料に頼ってしまいがちなのですが・・・(´・ω・)

それでも意識をすることで、周りの反応は大きく変わっています。

「目が合う」それだけで説得力・熱意は伝わりやすくなります。

 

ぜひ、チャレンジしてみてください!

 

プレゼン資料デザイナー

パワポ師のほりでした。