魅せる資料で仕事力アップ!パワポ師ほりの資料作成術ブログ

資料作成術を学ぶことで考え方が変わった。仕事のやり方も変わった。そしたら周りからの評価が上った!そんなパワポ大好きな口下手「パワポ師」が実践している資料作成の考え方やパワーポイントの使い方・テクニックをお伝えします。

意外と知らない!?テキストボックスの入れ方は2種類ある!?

 

 

テキストボックスの入れ方は2種類!?

PowerPointの資料に必ず入る要素の一つといえば・・・


文字!!

 

普段はどうやって文字を入れていますか?


もちろん、「テキストボックス」ですね。

 

では、そのテキストボックスの入れ方が2種類あるのは知っていますか?

 

それは、テキストボックスメニューの位置!・・・ではありません。

 

無意識に使いこなしている人もいるかもしれませんが、改めて聞かれると。。。?な方がほとんどです。

その2つの入れ方とは。。。

  • クリックで入れる方法
  • ドラッグで入れる方法

の2つです。

 

テキストボックスを入れるアイコンを選択すれば、マウスカーソルが下のようなカーソルになります。

f:id:pawaponist:20170711170220p:plain

 

カーソルが変わった後に、クリックで入れるかドラッグで入れるかの違いです。

f:id:pawaponist:20170711170225p:plain

 

大きな違いは何なのか・・・それは

 

文字の入り方です

 

目次

 

 

クリックで入れるテキストボックス

では、それぞれの特徴についてみてみましょう。

まずはクリックでテキストボックスを入れる方法です。

入れ方の違いで文字の入り方が異なることは先ほどお話ししました。

ではどう違うのか。

 

クリックで入れたテキストボックスに文字を入力していくと・・・

f:id:pawaponist:20170711170408p:plain

 

 

文字は折り返されずにずっと横に伸びていきます。

文字の量に合わせてテキストボックスのサイズが変わるので、無駄な余白がなくなります。

が、長い文章を入れたりすると、後のテキストボックスの調整が面倒です。

 

 

ドラッグで入れるテキストボックス

一方で、ドラッグでいれたテキストボックスに文字を入力すると・・・

 

f:id:pawaponist:20170711170444p:plain

 

入れたテキストボックスの幅に合わせて、文字が折り返されるんです。
この方法でのメリットは、決めた範囲に文字・文章を入れられる!という事です。

が、無駄に広く作ってしまうと、変な余白が出来てしまいます。

 

使い分けのポイント

ではどういう事を基準に使い分ければ良いのでしょうか。

それは・・・

単語 or 文章

特に大きく差が出るのが編集作業の時です。

例えば、単語を入れたテキストボックスを並べたとしましょう。

そのテキストボックスを範囲選択するとき、上手く選べなくてイラっとすることがあるかもしれません。

f:id:pawaponist:20170711170214g:plain

単語を入れるときは、クリックでテキストボックスを入れる。

文章を入れるときは、ドラッグでテキストボックスを入れる。

 


まとめ

どちらの入れ方の方が良い!っていうことはありません。

どんなふうに編集していくかをイメージしながら、テキストボックスの使い分けをしてみてください。

 

f:id:pawaponist:20170711170513p:plain

 

Let's Enjoy PPTLife!!

 

パワポ師ほりでした(*´・д・)ノ